当サイト「副業ノオト」では、プロのWebライター「愛T」が、投資やWebライターなどの副業で稼ぐためのノウハウを紹介しています。優良級の稼げる情報を無料で公開していますので、ぜひ参考にしてください。

【10項目】Webライターの適性診断!あなたは向いている?

【10項目】Webライターの適性診断!あなたは向いている? Webライターで月10万円稼ぐ方法は?ライティングの手法など紹介!
この記事は約11分で読めます。

Webライターに適性があるかどうか知りたいですよね。

そもそも、Webライターに向いている人の特徴や向いていない人の特徴の違いとは何なのでしょうか?

ショライ
ショライ

Webライターを始めて3日経ちますが、自分が本当にWebライターに向いているのか分かりません。

ショライのように、悩んでいる初心者Webライターもいることでしょう。

チューライ
チューライ

私は、Webライターを始めて6ヶ月が経ちました。自分に適性があるのか不安で仕方ありません。

また、チューライのように自分の適性に対して不安を抱えているWebライターもいることでしょう。

ちなみに、Webライター歴3年の筆者でも、初めは適性については気にしていました。しかし、副収入100,000円を超えた今、言えることがあります。

愛T
愛T

適性以前に、学ぶ姿勢が重要です。ただし、好きでなければ勉強しても身につきません。

つまり、さまざまなことを学びながら継続することが重要だということです。そもそも、Webライターの仕事が好きでなければ継続することでさえも苦痛に感じるでしょう。

本記事では、Webライターの適性をテーマに解説しています。最後まで読むと、下記のことが理解できます。

  • Webライターに向いている人と向いていない人との特徴
  • 自分にWebライターの適性があるかどうか
  • 未経験でもWebライターになれるかどうか
  • Webライターに必要なスキル

本記事の前半では、あなたにWebライターの適性があるかどうかの診断を行います。そして後半で、一般的にWebライターに向いている人と向いていない人の特徴の違いについて解説しています。

それでは、最後までご覧ください。

【全10項目】Webライターの適性診断とその概要は?

【全10項目】Webライターの適性診断とその概要は?

ここでは、Webライターの適性について、全10項目で診断していきます。まずは、今回実施する適性診断の概要と流れについてみていきましょう。

Webライター適性診断の概要!

Webライター適性診断の主旨ですが、あなたがWebライターという仕事にどれくらい向いているのかを判断すること

今回実施するWebライター適性診断は、あなたにWebライターの適性があるかどうかを判断するものです。どのくらい稼げるのかを目安にした内容ではなく、将来的に仕事や副業として続けられるかどうかを目安にする内容です。

早速、下記の手順で進めていきましょう。

  1. Webライター適性診断(10項目)に回答する
  2. 10項目のうち、何個チェックが付いたか確認する
  3. 診断結果を確認する

これで、あなたがWebライターにどのくらいの適性があるのか把握できます。

【全10項目】Webライターの適性診断!

それでは、下記の10項目に回答してください。

■Webライターの適性診断はこちら

文章を読むことは好きですか?
Webライティングすることは好きですか?
何かにこだわりやすい性格ですか?
他人とコミュニケーションを図ることは楽しいですか?
さまざまなことに興味を持ちやすい性格ですか?
分からない箇所は自分ですぐに調べますか?
トレンド(流行)は常に気になりますか?
成果物に対して満足していますか?
得意分野はありますか?
企画や段取りを組むことは好きですか?

いかがだったでしょうか。

何個チェックが付いたか覚えておいてください。診断結果の前に、上記10項目の内容を考察していきます。今すぐにでも診断結果が知りたい方は、読み飛ばしてください。

Webライターの適性診断を考察!

まずは、各項目の内容について、詳しくみていきましょう。

文章を読むことは好きですか?

Webライターは、クライアントからの指示書など、文章を読む機会が多いです。そのため、文章を読み内容をよく理解することが重要です。そもそも、文章を読むことが好きでなければ、Webライターとして仕事をすることは難しいでしょう。

Webライティングすることは好きですか?

Webライターの仕事は、クライアントの要望に応じてライティングをすること。あくまでもクライアントの指示通りにWebライティングする必要はありますが、そもそも好きでなければ仕事が勤まりません。

何かにこだわりやすい性格ですか?

文章へのこだわりも、Webライターにとって大切な要素の1つです。Webライティングにおいて、完成後に読み返すことは必須です。言い回しや表現方法など、読みやすさを追求するこだわりを持つことは重要なことだといえるでしょう。

他人とコミュニケーションを図ることは楽しいですか?

Webライターの仕事は、1人で行えるものではありません。当然ながら、クライアントや読者との関わりもあります。そのため、他人とのコミュニケーションは必要なことといえるでしょう。

さまざまなことに興味を持ちやすい性格ですか?

Webライターは、あらゆることに興味を持ちやすい性格の人に適性があります。その理由は、ライティングに関するジャンルが幅広いため。さまざまなことに興味を持ち、学ぶ姿勢が必要といえます。

分からない箇所は自分ですぐに調べますか?

分からない箇所は他人に聞けばすぐに理解できますが、それではWebライターとして活躍することははできません。その理由は、仕事上どうしても分からない言葉などを扱うことが多いため。そのような状況で随時他人に聞いて回っては仕事が進みません。つまり、自己解決能力が必要だということです。

トレンド(流行)は常に気になりますか?

Webライターは、トレンド(流行)に敏感でなければなりません。いち早く新しい情報を手に入れ、理解して多くの人々に伝えることが重要です。

成果物に対して満足していますか?

成果物に満足しないことも、Webライターにとっては重要な要素の1つです。完成させた成果物を何度も見直し、何か足りないところがないかを追求するようにしましょう。

得意分野はありますか?

Webライターにとって、得意分野を持つことは強みといえます。得意ジャンルを伸ばして、大きく稼げるようになりましょう。

企画や段取りを組むことは好きですか?

Webライティングにおいて、どのような文章をどのように配置していくのか考えることは重要なことです。企画や段取りを組むことに似ているのと同じように、文章の配置や流れを考えることは大切です。

Webライターの適性に関する診断結果!

それでは、Webライターの適性診断の結果をみていきましょう。

今回は、どのくらいWebライターの適性があるのかを判断するために、ポイント(1項目チェックについき1ポイント)でみていきます。

ご自身が獲得したポイント数を確認して、下表をご覧ください。

ポイント数 適性の度合い 診断結果
9~10 適性あり Webライターとしての適性があります。この調子で頑張ってください。
5~8 やや適性あり Webライターとしてやや適性があります。今後の頑張り次第で伸びるでしょう。
0~5 適性なし Webライターとしての適性がありません。他の仕事・副業をおすすめします。

いかがだったでしょうか。

ここまでご紹介した内容はあくまでも目安ですので、今後の努力と頑張り次第で目標に近づけることができるでしょう。そもそも、Webライターの適性には、どうしても性格が関わってきます。

Webライターとしての適性をさらに掘り下げるためにも、次で向いている人と向いていない人の特徴について、詳しくみていきましょう。

Webライターの適性は?向いている人と向いていない人の特徴を解説!

Webライターの適性は?向いている人と向いていない人の特徴を解説!

Webライターの適性とは何なのでしょうか。ここでは、向いている人と向いていない人の特徴について解説しています。

一言でいえば、Webライターに向いている人の特徴は、Webライターの仕事が好きなこと。とはいえ、好きなだけでは勤まりません。さらに掘り下げて、詳しくみていきましょう。

Webライターに向いている人と向いていない人との違いとは?

ここでは、Webライターに向いている人と向いていない人との違いについて解説しています。適性を理解して、Webライターとしての将来性に繋げましょう。

【8選】Webライターに向いている人の特徴

【8選】Webライターに向いている人の特徴

ここまで読み進めたあなたは、前述したWebライター適性診断によって、自分がどのくらいWebライターとしての適性があるのか理解しているはずです。

とはいえ、一般的にどのような性格をしている人がWebライターに向いているのか気になりますよね。

早速ですが、Webライターに向いている人の特徴を、下記にまとめます。

  • 文章の読み書きが好きな人
  • タフな精神力を持った人
  • 細かなところが気になり自己修正できる人
  • 今のスキルに満足せず向上心のある人
  • 物事に対して好奇心旺盛な人
  • Webマーケティングに興味のある人
  • 他人に物事を伝えたいと思っている人
  • コミュニケーション能力に優れた人

Webライターの仕事を安易に考えると、長続きしないどころか稼ぐこともできません。その理由は、クライアントから修正依頼がきたり、自己のマインド(精神)を保ったりすることが難しいためです。

Webライターは、クライアントに成果物を納品したら、それで終わりではありません。クライアントが精査し、修正したい箇所があればその要望に応える必要があります。

実は、この修正依頼が初心者のWebライターにとって苦痛なのです。せっかく自信を持って納品したのに修正依頼を受けると、多くの初心者Webライターはこのように思います。

ショライ
ショライ

自信があったのに修正なんて・・・やっぱり私、Webライターに向いていないのかな?

Webライターにとって、この修正依頼を受けることは普通です。Webライター歴3年の筆者でも、クライアントからは修正依頼を受けることがあります。安心してライティングに取り組んでください。

また、Webライターはインターネット上の情報を検索してライティングに反映させますが、そもそもあらゆる情報に対して好奇心がなければ仕事は勤まりません。また、物事を正しく伝える能力も必要ですので、知り得た情報は的確に処理してWebライティングに活かしましょう。

【6選】Webライターに向いていない人の特徴

【6選】Webライターに向いていない人の特徴

Webライターに向いている人の特徴については、理解できたことでしょう。一方で、Webライターに向いていない人の特徴についても知りたいですよね。

ここでは、Webライターに向いていない人の特徴をまとめます。

  • 文章の読み書きが嫌いで苦痛で堪らない人
  • 大雑把な性格で自己修正ができない人
  • 現在のスキルで満足している人
  • 物事や他人に関心が薄い人
  • 物事を自分中心に捉えている人
  • 1人でコツコツ仕事をすることが好きな人

Webライターの仕事は、文章の読み書きが嫌いな人には勤まりません。その理由は、仕事上どうしても文章を取り扱うためです。また、クライアントから修正依頼を受けても、それに対して反発する人も向いていません。物事を客観的に捉え、他人からの意見を素直に受け止められなければWebライターの仕事も苦痛に感じるでしょう。

また、Webライティングの基本は、物事を自分中心に捉えるのではなく、他人が必要としている情報としてまとめることです。クライアントを含め、他人と連携しながら仕事をこなしていく必要性があるため、1人でコツコツ仕事がしたい方には向いていません。

未経験からでもWebライターになれる?

Webライターの適性の有無で、今後活躍できるかどうか判断できますが、そもそも未経験から始めたという方もいることでしょう。

結論ですが、未経験からでもWebライターになれます

しかし、Webライターとして稼ぐためには、主に下記の3つのポイントを押さえる必要があります。

■Webライターとして稼ぐためのポイント
  • Webライターとしての適性の有無を確認する
  • ライティングスキルを身につける
  • クラウドソーシングサービスを利用する

ご自身のWebライターとしての適性の有無については、前述の内容ですでに理解していることでしょう。また、ライティングスキルやクラウドソーシングを活用することは、Webライターとして大切なポイントです。

未経験でもWebライターになれる根拠についての詳細は、こちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

未経験でもWebライターになれる?具体的な5つの手順を解説!

ここからは、Webライターの適性のある方が未経験でスタートするにあたり、どのようなスキルが必要なのか掘り下げて解説していきます。

「副業ノオト」では、得意ジャンルを持つことやライティング・SEOに関する知識が必要なことは何度も紹介してきました。

2021年現在、Webライターとして将来的に活躍したいなら、身につけておくべきスキルを2つ紹介します。

  • 取材スキル
  • 撮影スキル

これらの専門スキルは、実際これまで重宝されてきませんでした。しかし、2020年以降の新型コロナウィルス感染症拡大の影響を受け、Webライターの需要は高まっています。クラウドソーシングサービス「クラウドワークス」の「2020年9月期 通期決算説明会」の発表によりますと、2020年6月末の登録者数が3,935,000人。前年の2019年の同時期と比較しても約1,000,000人も増加しています。

これだけWebライターが増加した背景としては、副業ブームや新型コロナウィルス感染症の拡大が深く関わっていますが、需要も高まるなかWebライターとしての差別化も重要なポイントといえます。

これまでは、SEOを含めた文章力が主に問われていましたが、Webライターとしての差別化も含めたアピール戦略も必要だということです。

つまり、上記で述べた「取材スキル」や「撮影スキル」は、Webライターとしてのアピールポイントに繋がるといえるでしょう。

未経験のWebライターだからこそ、余計な知識や感情が邪魔せず、素直にスキル獲得に向けて行動することができるはず。ぜひ、新スキル獲得に向けて取り組んでください。

まとめ|Webライターの適性を理解してライティングに取り組もう!

まとめ|Webライターの適性を理解してライティングに取り組もう!

Webライターの適性として、一言でいうならば仕事が好きかどうかで判断できます。そもそも、文章に携わる仕事ですので、基本的に読み書きが苦手な方はWebライターの仕事には向いていません。

例えば、読書が嫌いな方はWebライターの仕事は勤まらないでしょう。

最後に、本記事の内容をまとめます。

  • 今回実施しているWebライター適性診断は、あなたにWebライターの適性があるかどうかを判断するもの
  • Webライターの適性があれば、将来的に活躍できる可能性が高い
  • 適性の有無は関係なく、今後の努力と頑張り次第でWebライターとしての目標に近づけることができる
  • Webライターに向いている最大の特徴は、Webライターの仕事が好きなこと
  • 文章の読み書きが嫌いな人は、Webライターには向いていない
  • Webライターは未経験でもなれる
  • Webライターの増加に伴い、差別化とアピールポイントを獲得する目的で「取材スキル」「撮影スキル」を身につけることはおすすめ

今回は、Webライターの適性について解説してきました。向いている人や向いていない人の特徴を理解してライティングに取り組みましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました