当サイト「副業ノオト」では、プロのWebライターとして活動している運営者「愛T」が、Webライターで稼ぐためのノウハウを紹介しています。優良級の稼げる情報を無料で公開していますので、ぜひ参考にしてください。

Webライターはオワコン?将来性が明るい理由を5つ解説!

Webライターはオワコン?将来性が明るい理由を5つ解説! Webライターで月10万円稼ぐ方法は?ライティングの手法など紹介!
この記事は約6分で読めます。

Webライターのオワコン説はよく耳にしますよね。果たして、本当にWebライターはオワコンなのでしょうか。

ショライ
ショライ

SNSやインターネットでWebライターがオワコンだって言われてますけど、実際はどうなのでしょうか?

チューライ
チューライ

あ!Webライターのオワコン説、私もよく聞きます。でも、何でオワコンなのですか?

愛T
愛T

私としては、Webライターのオワコン説は否定します。Web業界って、まだまだ拡大していますし、需要も高くなりつつあります。一部では、Webライターで稼げなくなるからオワコンだなんて言われていますけど、それははっきり言って嘘ですね。

まずは、結論を申し上げます。

2020年現在、Webライターはオワコン(終わったコンテンツ)の業種ではありません。Webライター歴3年の筆者「愛T」からすれば、前述のコメントのとおり、今後も需要が高まるでしょう。

参考までに、2020年9月29日に集計したWebライターのオワコン説に関する、Twitterアンケートの結果からご覧ください。

Webライターはオワコン?将来性が明るい理由を5つ解説!

もし、Webライターはオワコンだと思っている方がいれば、上図のアンケート結果を見て安心してください。Webライターがオワコンだとは思わない方78.9%という結果でした。

Webライターの仕事内容や年収などの基本情報が知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

Webライターとは?仕事内容や年収・必要なスキルなどを解説!

本記事では、Webライターのオワコン説をテーマに解説しています。また、将来性が明るい理由や注意すべき点なども紹介しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

Webライターは本当にオワコン?将来性に関する注意点なども紹介!

Webライターは本当にオワコン?将来性に関する注意点なども紹介!

さて、SNSやインターネット上で噂されているWebライターのオワコン説ですが、その真実についてみていきましょう。

まずは、こちらのツイート。

2020年1月24日
正直、Webライター業はどちらかというとオワコンなのかな?と薄々感じています。動画とマンガには勝てる気がしません。ライティングやるなら、専門知識を高めて希少価値の高い情報を発信できないとダメだと思ってます。もしくは、ビジュアル的なコンテンツのシナリオ作成に回るか。
ぽな@空飛ぶ”リーガル”こたつライター-@ponapona_levi

確かに、Webライターの仕事は、従来のやり方では通用しなくなっています。2020年で稼げるWebライターになるためには、正しい方法を理解する必要があります。

Webライターのオワコン説!その真実とは?

そもそも、Webライターがオワコンといわれている理由は、次の3つが挙げられます。

  • Webライターが増えて案件を取り合っている
  • 案件の単価が安い
  • SEOの基準が年々厳しくなっている

これは、筆者がWebライターとして副業デビューした2017年の話です。Webライターのデビューとともに、日本最大といわれるクラウドソーシングサイト「クラウドワークス」に登録しました。当時の登録案件は当時900,000件ほどありました。

しかし、2020年現在、そのクラウドソーシングサイトの案件総数は3,000,000件を突破しています。

Webライターは本当にオワコン?将来性に関する注意点なども紹介!

ほんの3年で、約2,000,000件以上も需要が高まっているといえますよね。

しかし、案件のなかには文字単価0.1円以下などの単価が安い仕事もあります。さらに、度重なるGoogleアップデートでSEOの基準が厳しくなっていますよね。

そのため、発注側もWebライターに求める質が高くなっています。次の5つのスキルが不足しているWebライターは、今後は淘汰されていくでしょう。

  • SEOの知識
  • 営業力
  • 幅広いジャンル(得意ジャンルが3つ以上)
  • ワードプレスのスキル
  • セールスライティングの知識

つまり、これまではWebライティングだけマスターしていれば、それなりに稼ぐことができました。しかし、普通にWebライティングをしても、稼げない時代が到来したということです。

ちなみに、ワードプレスが使えないWebライターも多いですし、セールスライティングって何?という方もいることでしょう。

セールスライティングについて知りたい方は、こちらの記事の後半をご覧ください。「5W1H」「PREP法」「SDS」法について詳しく解説しています。

Webライター必見!ライティング前の記事構成を組み立てる3つの手順を解説!

これが、一般的に噂されているWebライターのオワコン説の真実です。

ただし、Webライターの市場が伸びているのも事実。さらに、各クラウドソーシングサイトが案件の単価アップの対策も取っています。このことから、今後も多様性がある質の高いWebライターの将来性は高まるでしょう。

Webライターの将来性が明るい5つの理由とは?

高品質な記事がライティングできるWebライターは、クラウドソーシングサービスでも引く手数多です。とはいえ、初心者のWebライターにとって将来性がないのかといわれれば、決してそうではありません。

もちろん、初心者のWebライターにとってのオワコン説も否定します。ここでは、そんな初心者のWebライターでも、将来性が明るい理由について5つ紹介していきます。

  • 急成長しているAI(人工知能)では役不足
  • Webライティングの需要はなくならない
  • 新たなジャンルが続々登場している
  • 低品質案件の取り締まりが強化されている
  • 以前としてこれから始める初心者の敷居が低い

そもそも、Webライターのオワコンが噂されている理由は前述しましたが、AI(人工知能)の台頭なども要因となっています。

しかし、AI(人工知能)が急成長しているからといって、Webライターの仕事がAIに取って代わることはありません。その理由は、機械が人間の考えを上回るようになるのは、これからもっと先のことだからです。

他にも、社会的にWebライターを擁護する動きがみられます。各クラウドソーシングの案件の単価アップに向けての取り組みも、その1つといえますよね。

このように、Webライターがオワコンと悲報が流れるなか、実はその将来性は高いといえます。

これから始める初心者Webライターが注意すべきこととは?

いくらWebライターの将来性が明るいといっても、注意しなければならないこともあります。

  • 高レベルのWebライティングスキル習得
  • 複数案件を受注してリスクの分散化

Webライターがオワコンといわれている理由を深掘りしていくと、ある答えが導き出されます。その答えとは、品質の低いWebライティングは発注側も求めていないということです。

つまり、低品質のライティングしかできないWebライターは、噂通りのオワコンといえます。一方で、Webライターの市場は伸びていますので、正しいWebライティングスキルを身につけているライターは将来性も明るいといえるでしょう。

Webライターとしての正しいライティングスキルを身につけたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

【プロが教える】Webライターが文章力を身につける10の法則

初心者にとって、正しいWebライティングを習得することが、いかに大切なのかがご理解いただけますよね。

また、初心者であれば、1つの案件に特化するのではなく、複数の案件を受注してリスク分散しましょう。その理由は、初心者ほどWebライティングの型が定まっていないからです。数をこなして経験を積む必要があります。そのためには、複数の案件を取り扱うことが近道です。

まとめ|Webライターとして学びながら飛躍しよう!

まとめ|Webライターとして学びながら飛躍しよう!

Webライターは、まだまだ稼げます。事実、筆者も副業Webライターとしての月収は100,000円を超えています。

オワコン説も囁かれていますが、あくまでも低品質なライティングしかできないWebライターの言い訳だと思います。

最後に、本記事の内容をまとめます。

  • Webライターのオワコン説は嘘
  • Webライターの需要は今後も拡大していく
  • 初心者にとって、正しいWebライティングを習得すべき

オワコンの悲報を聞いて、諦めるWebライターも少なくありません。本記事が、そんなWebライターのモチベーションアップに繋がれば幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました