当サイト「副業ノオト」では、プロのWebライターとして活動している運営者「愛T」が、Webライターで稼ぐためのノウハウを紹介しています。優良級の稼げる情報を無料で公開していますので、ぜひ参考にしてください。

【プロが教える】Webライターが文章力を身につける10の法則

【プロが教える】Webライターが文章力を身につける10の法則 Webライターで月10万円稼ぐ方法は?ライティングの手法など紹介!
この記事は約6分で読めます。

Webライターにとって本当に文章力が必要なのか、知りたい方に必見です!

愛T
愛T

Webライターの文章力は、絶対に必要です。どのようにすれば、文章力が身につくのか分かりますか?

ショライ
ショライ

う~ん。私には全然分かりません。

チューライ
チューライ

何となくですけど、よい文章をライティングすることが求められているのは知っています。私も文章力がないのですが、どうしたらよい文章が書けますか?

今回は、このような疑問に答えていきます。

結論から申し上げますと、Webライターは上手にライティングするために、文章力を身につけることが大切です。

ところで2020年9月23日、Twitterで次のようなアンケートを集計しました。

【プロが教える】Webライターが文章力を身につける10の法則

結果、「Webライターにとって文章力が大切」だと答えた現役Webライターは、全体の36%以上でした。

このことから、すでに活躍されているWebライターの皆さんもご存じのとおり、Webライターにとって「文章力」は重要だといえます。

しかし、文章力を身につけるにしても、何をどのようにすればよいのか分からないですよね。実は、Webライティングには、いくつかの「型」が存在します。

本記事では、Webライターのプロ認定を受けている筆者が、Webライターの文章力をテーマに解説しています。また、ライティングの「」についても紹介しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

【プロが教える】Webライターが文章力を身につける10の法則を解説!

【プロが教える】Webライターが文章力を身につける10の法則を解説!

ここでは、Webライターが文章力を身につける方法について紹介しています。まずは、Webライターに文章力が求められる理由からみていきましょう。

Webライターに文章力が求められる理由は?

Webライターの仕事の本質は、Webライティングによって読者に情報を伝えることです。つまり、Webライティングの基本として、読み手のことを最優先に考えなければならないということです。

それでは、なぜWebライターに文章力が求められるのでしょうか。その答えは、読者に伝わるようなライティングをしなければならないためです。

よい文章とは?

Webライティングにおいて「よい文章」とは、読者がストレスなく読める文章のことです。誤字や脱字があったり、回りくどい言い回しをしていたりする文章は読みにくいですよね。

また、長々といつまで経っても本題に入らない文章も、よくありません。つまり、よい文章のポイントは、次の3つが挙げられます。

  • 読者がストレスなく読める
  • シンプルで簡潔な文章
  • 分かりやすい文章

これらを何も考えずに、Webライティングに活かすことはできません。次章で、Webライターとして文章力を身につける方法を紹介していきます。

Webライターが文章力を身につけるために必要な10の法則とは?

Webライターが文章力を身につけるためには、ライティングのコツを理解する必要があります。次の10個の法則を理解するだけで、文章力はグンと上がることでしょう。

法則① 構成を考えたあとにライティングする

高品質の文章でWebライティングするためには、文章の構成を決めなければなりません。思い付きでライティングすることはやめましょう。

文章の構成の作り方が知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

Webライター必見!ライティング前の記事構成を組み立てる3つの手順を解説!

法則② 主語と述語のねじれを回避する

主語と述語は、文章としての骨組みを担います。そのため、主語+述語だけでも文章の意味が理解できるように組み立てなければなりません。

法則③ 1文は80文字以内にする

1文が長すぎると、読み手にとっては理解しにくいです。80文字以内で、簡潔に分かりやすく述べるように意識しましょう。

法則④ 口語表現は文語表現にする

口語表現(話し言葉)でWebライティングをすると、読み手にとっては馴れ馴れしいイメージとなり、印象がよくありません。口語表現は、文語表現(文章に相応しい言葉遣い)にしてWebライティングするようにしましょう。

法則⑤ 数字を使って具体的な表現にする

タイトルや見出しは、数字を使って具体的な表現にしましょう。本記事のタイトルで例えると「文章力を身につける法則」とするよりも、「文章を身につける10の法則」とした方が具体的ですよね。

法則⑥ 「てにをは」を正しく使う

文章を繋ぐための助詞「てにをは」の使い方を間違えると、読みにくい文章になってしまいます。

法則⑦ 同じ文末表現を避ける

文末の言葉が重複してしまうと、くどいイメージを与えてしまいます。同じ文末表現は、最大でも2回までに抑える必要があります。

法則⑧ 無駄な接続詞は省く

Webライティングには、接続詞がどうしても必要になります。しかし、接続詞が連続して使われている文章は読みにくいですよね。無駄な接続詞は、省くようにしましょう。

法則⑨ 適切に句読点を使う

読みやすい文章にするためには、句読点を適切に配置することが大切です。配置する場所を間違えてしまうと、別の意味で捉えられてしまうことがあるため注意しましょう。

法則⑩ SDS法を活用する

SDS法は、Webライティングの型の1つですが、初心者でも扱いやすい構造をしています。

  • Summary:全体の概要
  • Details:詳細
  • Summary:まとめ

ちなみに、ニュースの原稿でもよく使用されている型です。読み手が理解しやすく記憶されやすい文章構成の型です。

Webライター必見!読みやすい?読みにくい?文章力の比較解説!

Webライター必見!読みやすい?読みにくい?文章力の比較解説!

まずは、前述の10の法則を無視した、読みにくい文章例を紹介していきます。今回のWebライティングの型は、SDS法を活用しています。

Webライティングで文章力を向上させるテクニックがあるんです。

そのテクニックはテーマによってWebライティングの型を使い分けることで、情報を伝えたいだけなら「SDS法」ユーザーの購買意欲を掻き立てたいなら「AIDMA(アイドマ)の法則」というように目的に応じて使い分ける方法です。

それと、Webライティングが完了したら必ず自己チェックすることです。また、書いたらそれで終わりというWebライターも多くミスを残したまま納品しちゃいけないです。

今回は文章力アップのテクニックとして、Webライティングの型と作業完了後の自己チェックについて紹介してきました。

ぜひ参考にしてください。

上記の文章は、大変読みにくかったと思います。次に、前述の10の法則を反映させた読みやすい文章例を紹介します。

<h2>はじめに</h2>

Webライティングで文章力を向上させるテクニックは2つあります。

<h2>文章力をアップさせるテクニック2選</h2>

1つ目は、テーマによってWebライティングの型を使い分けることです。例えば、情報を伝えたいだけなら「SDS法」、ユーザーの購買意欲を掻き立てたいなら「AIDMA(アイドマ)の法則」というように、目的に応じて使い分けましょう。

2つ目は、Webライティングが完了したら、必ず自己チェックすることです。書いたらそれで終わりというWebライターも多く、ミスを残したまま納品してしまうケースも少なくありません。

<h2>まとめ</h2>

今回は、文章力アップのテクニックとして、Webライティングの型と作業完了後の自己チェックについて紹介してきました。

ぜひ、参考にしてください。

上記の文章は、初めの文章と比較しても読みやすかったですよね。

このように、文章力をアップさせるためには、前述した10の法則をしっかりと理解することが大切です。

まとめ|Webライターにとって文章力は今後の課題!

まとめ|Webライターにとって文章力は今後の課題!

いかがだったでしょうか。

Webライターの仕事は、文章力が不可欠だということがご理解いただけたと思います。しかし、まだまだ文章力が未熟なWebライターも多いです。今後の課題といえますね。

最後に、本記事の内容をまとめます。

  • Webライターが文章力を身につける目的は、読者にしっかりと伝えるライティングができるようになるため
  • よい文章とは、読者がストレスなく読める文章のこと
  • Webライティングの型である「SDS法」を活用しよう

本記事が、これからWebライターとして活躍する方の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました