当サイト「副業ノオト」では、プロのWebライターとして活動している運営者「愛T」が、Webライターで稼ぐためのノウハウを紹介しています。優良級の稼げる情報を無料で公開していますので、ぜひ参考にしてください。

在宅で稼げるWebライターになるには?仕事の受け方や営業のコツを紹介!

在宅で稼げるWebライターになるには?仕事の受け方や営業のコツを紹介! Webライターで月10万円稼ぐ方法は?ライティングの手法など紹介!
この記事は約9分で読めます。

在宅で稼げるWebライターになるには、相手を惹きつける営業力が必要です。いくら在宅でWebライターを目指していても、自分で営業するなどして行動に移さなければ、仕事を獲得することはできません。

愛T
愛T

在宅ワークでWebライターの仕事が注目されていますね。ところで、在宅Webライターの働き方は、大きく3種類に分類されますが、何か分かりますか?

ショライ
ショライ

う~ん…。在宅ワークってことは、お家で仕事をするんですよね。それしか分からないです。

チューライ
チューライ

そうですね…。フリーランスのWebライターとして活動することしか思いつきません。

実は、在宅Webライターの働き方は、次の3種類に分類されます。

  • 企業に属した専属Webライター
  • フリーランスの在宅Webライター
  • 副業で稼ぐ在宅Webライター

本記事では、在宅で稼ぐWebライターをテーマに解説しています。また、仕事に受け方や営業のコツについても紹介しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

在宅で稼げるWebライターになるには?

在宅でも稼げるWebライターになるには?

Webライターとは、インターネット上で公開されているサイト記事をライティングすることを仕事にしている人です。そして特徴は、パソコン1台とインターネット環境があれば、どこでも仕事ができるということです。

その特性から、在宅での副業としてWebライターになる方も少なくありません。筆者「愛T」もその1人、在宅で月100,000円以上のWebライター収入があります。

まずは、在宅Webライターの働き方について紹介していきます。

在宅Webライターの3つの働き方とは?

ところで、冒頭で在宅Webライターの働き方についてふれました。

  • 企業に属した専属Webライター
  • フリーランスの在宅Webライター
  • 副業で稼ぐ在宅Webライター

このように、Webライターとして在宅で稼ぐためには、上記の3つの働き方が主に挙げられます。なかには、主婦の在宅Webライターとしても活躍されている方も!

実際に在宅の主婦Webライターとして活躍されている方の体験談を読みたい方は、こちらからご覧ください。

子育て中の在宅ワークにおすすめ!未経験の30代主婦でもWebライターで稼げるの?

もちろん、それぞれの働き方で特徴が異なります。

企業に属した専属Webライター

求人情報を取り扱っているindeedなどでは、多くの企業からWebライター募集の案件を取り扱っています。

在宅で稼ぐWebライターになるには?

しかし、企業に属するWebライターには即戦力が求められるため、未経験や初心者の方はなかなか採用してもらえません。つまり、プロのように質の高いWebライティングができる人材が求められるということです。

それに、必ずしも在宅で稼げるということではありません。企業に属するということは、会社の都合で出勤しなければならないこともあります。

企業に属した専属Webライターの働き方ポイントは、次の2つです。

  • 質の高いWebライティング技術
  • 必ずしも在宅ではない

もちろん、企業によって運営方針が異なりますので、就職する企業選びが重要です。

フリーランスの在宅Webライター

企業には属さなくても、提携してWebライティングの案件を受注することができます。冒頭でも説明したとおり、在宅で稼ぐWebライターになるためには相手を惹きつける営業力を身につけなければなりません。

フリーランスの在宅Webライターは、案件の獲得から実際の作業まですべて1人で行います。そもそも、案件が受注できなければフリーランスとしても活動できませんよね。しかも、在宅で稼げる案件を選ぶ必要があります。

そのため、フリーランスのWebライターとして在宅で稼ぐなら、企業への営業は欠かせません。さらに、企業からの信頼を継続するために、質の高いWebライティングが求められます。

フリーランスの在宅Webライターの働き方ポイントは、次の3つです。

  • 営業力
  • 在宅でも稼げる案件の選別
  • 質の高いWebライティング技術

この2つを兼ね備えなければ、フリーランスのWebライターとして稼ぐことはできません。となると、未経験者・初心者にとってはいきなりフリーランスで稼ぐのは少し難しいですよね。

フリーランスのWebライターになるための具体的な方法は、こちらの記事で解説しています。ぜひ、ご覧ください。

Webライター必見!フリーランスになる2つの方法と目指すべき収入を紹介!

未経験・初心者のWebライターは、次に紹介する副業からスタートすることをおすすめします。

副業で稼ぐ在宅Webライター

在宅のWebライターとして副業で稼ぐには、クラウドワークスのようなクラウドソーシングサービスを利用すると簡単です。

例えば、クラウドワークスでは、次のようなWebライターに関する案件を取り扱っています。

在宅で稼ぐWebライターになるには?

もちろん、未経験・初心者のWebライターでも応募可能ですので、始めやすいという特徴はありますよね。さらに、働き方が副業という形態ですので、ご自身の隙間時間にできるということも大きなメリットです。

Webライターが未経験で不安だと感じている方は、こちらの記事をご覧ください。

未経験でもWebライターになれる?具体的な5つの手順を解説!

ちなみに、家事の隙間時間にお小遣い稼ぎしたい主婦がWebライターを始めるケースが増えています。Webライターは未経験・主婦・副業におすすめの仕事ですので、気になる方はぜひチャレンジしていただきたいものです。

副業で稼ぐWebライターの働き方ポイントは、次の3つです。

  • クラウドソーシングサービスの活用
  • 未経験・初心者のWebライターでも稼ぎやすい
  • 副業なのでご自身のライフスタイルに合わせて稼げる

クラウドソーシングサービスを活用した求人は、現代のような社会的背景から、今後も伸びていくと予想されます。これからWebライターを始める方にはチャンスかもしれませんね。

副業Webライターが在宅で稼ぐためのコツは?

Webライターの働き方については前述した内容でご理解いただけたと思います。企業専属のWebライター、フリーランスのWebライターなどをテーマにすると長くなってしまいますので、ここからは副業で稼ぐWebライターを中心に掘り下げて解説していきます。

在宅で副業Webライターはすぐに始められますが、稼げるようになるためには、次の3つのコツを摑む必要があります。

  • クラウドソーシングサービスを活用する
  • 営業をかける
  • 取引先と信頼関係を結ぶ

そのなかでも大切なことが、取引先との信頼関係です。副業といえど、単発の案件ばかり取り扱っていては、次の案件を獲得するために営業をかけ続けなければなりません。筆者は、その時間がもったいないと考えています。

そのため、取引先との信頼関係を結んで継続案件を獲得することを目標にしてみましょう。これが、在宅の副業Webライターが安定して稼ぐコツです。

そうすれば、月5,000~10,000円ほど稼げるでしょう。

在宅の副業Webライターが収入を大きく伸ばす方法は?

在宅の副業Webライターで普通に活動すると、月5,000~10,000円ほど稼ぐことができます。しかし、なかには「もっと稼ぎたい」と考えている副業Webライターもいますよね。

大きく稼ぐためには、高額案件の交渉が必要です。

具体的な手順としては、次のとおりです。ここでは、初心者でも在宅の副業Webライターで稼げる手順を紹介します。

  1. クラウドソーシングサイトで文字単価0.1~0.3円の案件を中心に営業をかける
  2. 納期をしっかり守りながら、Webライティングを1~3か月間継続する
  3. 3か月目以降、文字単価アップ(文字単価0.5円以上)の交渉をする

ここでの稼げるポイントは、文字単価のアップ幅です。例えば、文字単価0.5円と1.0円でいえば、大きく稼げる方はもちろん後者ですよね。

上記の手順でWebライターの仕事を続けていけば、在宅でも十分に稼げるようになります。ちなみに、稼げる金額の目安は月10,000~30,000円です。

しかし、継続することが難しい方も多いようです。実際、1ヶ月も経たないうちに挫折してしまう未経験・初心者のWebライターも少なくありません。

まずは、3か月間継続して取引先との信頼関係を築きましょう!

在宅の副業Webライターとしての仕事の受け方や営業のコツを紹介!

在宅の副業Webライターとしての仕事の受け方や営業のコツを紹介!

在宅でWebライターとして稼ぐためには、営業の仕方や仕事の受け方などにコツがあります。

案件獲得数を増やす仕事の受け方は?

さて、取引先から案件の依頼があったら、どのように仕事を受ければよいのでしょうか。ポイントは、次の2つです。

  • 案件の詳細をしっかりと確認する
  • メッセージは無視せず、必ず返信する

取引先が案件を依頼するときは、必ず目的と意図が存在します。その目的と意図は、Webライターがしっかりと把握し、取引先が求める内容でライティングしなければなりません。

また、案件受注中に取引先とメッセージのやり取りも頻繁に行います。副業といえど、Webライターの仕事として責任を持って真摯に対応することが大切です。

【コピペOK!例文あり】相手先に営業をかけるコツは?

在宅で副業Webライターをしている方の多くは、パソコンやスマホなどのモバイル端末でのメッセージのやり取りが基本ですよね。

つまり、営業とはいっても、直接取引先に出向いたり電話をしたりするわけではありません。そもそも、なぜメッセージのやり取りが基本なのかという理由ですが、副業Webライターの多くは営業時にクラウドソーシングサイトを活用するからです。

そして、案件を獲得するための営業のコツには、次の4つのポイントがあります。

  • 自分が何者かということをしっかりと相手に伝える
  • どのようなスキルがあるのかアピールする
  • 本案件に応募した理由を書く
  • 募集要項に沿った内容で応募する

筆者の経験からすれば、おおよそ上記の4つの内容が書けていれば、営業後の相手先の反応は良好といえます。

ただし、1つ注意点があります。それは、募集要項に沿った内容で応募することです。分かりやすいように、クラウドワークスでの実例をみていきましょう。

在宅の副業Webライターとしての仕事の受け方や営業のコツを紹介!

まずは、赤枠の箇所【条件】をご確認ください。このように、募集要項には

  • 1年以上ライティング経験がある
  • 週に25時間稼働できる
  • ワードプレス経験者

とありますが、Webライター歴2か月、週に約10時間稼働できる方が応募しても採用されません。

ご自身のライフスタイルとスキルにマッチした案件に応募することが大切です。

ちなみに、筆者が実際に営業で使っている例文も紹介します。コピペOKですので、営業の際にご活用ください。

私は〇代男性で、Web歴〇年です。
本業ではWeb関連企業に勤めて、法人向けのSEO対策のコンサルティングを約〇年実践してきました。

SEOライティングも可能で、これまでに3000記事以上を執筆しています。
ライティングの形式などについては、私のこちらのブログを見ていただければと思います。
(ここにURLを書く)

今回、ご希望に沿う内容の記事が執筆できそうでしたので、応募させていただきました。
ご検討、よろしくお願い致します。

相手が理解しやすい内容で、自己アピールしましょう!

ここでは、初めて営業先にメールを送るときの対応を紹介しました。

営業先から返信があったときの対応や以降のやりとりについては、こちらの記事を参考にしてください。

月400件の営業実績!プロのWebライターが教える案件獲得のコツとは?

まとめ|Webライターとして在宅で稼ぐためにも営業スキルを磨こう!

まとめ|Webライターとして在宅で稼ぐためにも営業スキルを磨こう!

在宅で稼げる副業Webライターになるには、営業力や交渉力が必要です。初めは難しく感じると思いますが、実際行動に移すと案外上手くいくことも多いです。筆者も副業でWebライターを始めたころもそうでした。私にもできましたので、皆さんにもできるはずです。

最後に、本記事の内容をまとめます。

  • 在宅Webライターの働き方は、企業専属・フリーランス・副業の3つ
  • 稼げる在宅Webライターになるには、営業力と交渉力が不可欠
  • まずは3か月継続して取引先との信頼関係を築く
  • 取引先からのメッセージは必ず返信する
  • 営業をかけるコツは、相手が理解できる文章で自己アピール

本記事が、在宅で稼げるWebライターを目指している方の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました