当サイト「副業ノオト」では、プロのWebライターとして活動している運営者「愛T」が、Webライターで稼ぐためのノウハウを紹介しています。優良級の稼げる情報を無料で公開していますので、ぜひ参考にしてください。

Webライター必見!フリーランスになる2つの方法と目指すべき収入を紹介!

Webライター必見!フリーランスになる2つの方法と収入を紹介! Webライターで月10万円稼ぐ方法は?ライティングの手法など紹介!
この記事は約7分で読めます。

Webライターでフリーランスを目指している方に必見です。

ショライ
ショライ

将来は、私もWebライターでフリーランスを目指しています。でも、どうやったらなれるのか分からないです。

フリーランスになる目的は、人によって違いますよね。なかには、中級Webライター「チューライ」のように考えている方もいることでしょう。

チューライ
チューライ

今勤めている会社に行くのが億劫なんです。私は、楽に稼げるフリーランスを目指しています。

会社勤めが嫌でフリーランスを目指している方もいますが、下記の3つに留意しましょう。

  • フリーランスは決して楽ではない
  • 継続した収入を得なければならないというプレッシャーが伴う
  • 会社員のときよりも時間がない

確かに、稼ぎ方を間違えなければフリーランスはおすすめの就業スタイルです。本記事では、Webライターのフリーランスとして活躍する方法について解説しています。

ジュクライ
ジュクライ

どのくらいの収入があれば、Webライターのフリーランスとして独立できるのですか?

結論から申し上げれば、月商300,000円以上あればWebライターでもフリーランスとして独立できます。その理由は、本記事の終盤で解説していますので、ぜひ最後までご覧ください。

まずは、Webライターでフリーランスになる方法からみていきましょう!

Webライターのフリーランスとして活躍するための方法は?目指せる収入の目安も紹介!

Webライターのフリーランスとして活躍するための方法は?目指せる収入の目安も紹介!

Webライターのフリーランスとして活躍したい方もいることでしょう。

ショライ
ショライ

そもそも、フリーランスのWebライターってなれるものなのですか?

まずは、このような疑問にお答えしますが、Webライターでもフリーランスになれます。その方法は、次の2つが挙げられます。

  • 企業専属のWebライター
  • クラウドソーシングを活用

それでは、具体的にフリーランスのWebライターになる方法についてみていきましょう。

フリーランスのWebライターになる方法は?

一般的に、フリーランスのWebライターになるための方法としては、クラウドソーシングサービスを活用するケースが多いです。その理由は、時間に縛られず自由に時間が作れるからです。一方で、企業の専属Webライターとしてフリーランス独立する方も!

それでは、詳しくみていきましょう。

企業専属のWebライター

企業専属のWebライターとしてフリーランスを目指すことができます。

しかし、企業専属となればWebライター業だけでなく、エンジニア系やデザイン系なども並行して行う場合があります。例えば、自分でWebライティングした記事をHTMLやCSSなどのコードを活用してデザインするケースも珍しくありません。

つまり、企業専属になれば、次の2つが求められます。

  • エンジニア系の開発技術
  • デザイン系のセンス

一般的には、求人情報を取り扱っているindeedなどの媒体で、企業専属のWebライターを募集しています。詳細は、こちらの記事の前半をご覧ください。

企業専属のWebライターとしての働き方について解説しています。

在宅で稼げるWebライターになるには?仕事の受け方や営業のコツを紹介!

クラウドソーシングサービスを活用

もし、これからフリーランスになりたい!と思っている方は、クラウドソーシングサービスを有効活用してください。

一般的に、企業専属のWebライターになるには敷居が高いです。しかし、クラウドソーシングサービスなら手軽に案件の受注ができるため、フリーランスとして活躍する場としてはおすすめです。

ちなみに、筆者もクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」を活用しながら月収300,000円以上を稼いでいますが、詳細については後述します。

クライアントからフリーランスのWebライターに求められることは?2つの失敗例も紹介!

フリーランスのWebライターを目指している方のなかには、次のようなことを考える方もいますよね。

ジュクライ
ジュクライ

フリーランスのWebライターとして仕事をするにあたり、失敗することはないのでしょうか?

当然ながら、フリーランスならではの失敗例もあります

ここでは、フリーランスのWebライターに求められることと失敗例について解説していきます。まずは、フリーランスのWebライターがクライアントから求められることについてみていきましょう。

フリーランスのWebライターに求められることは?

一般的に、フリーランスのWebライターに求められることは、次の3つです。

  • 理解力
  • コミュニケーション能力
  • 関わるジャンルについての深い知識

そもそもWebライターの本質は、クライアントの意向に沿ってライティングをすることです。SEOで上位表示させるためだけが目的ではありませんので、勘違いしないように注意してください。

クライアントからの要望が理解しにくい場合は、何度も問い合わせて情報のすれ違いが発生しないようにしましょう。

2つの失敗例とは?

Webライターのフリーランスは成功体験ばかりではありません。もちろん、失敗することもあります。

  • クライアントの意向を理解できず検収までに手間取る
  • 契約先のWebサイトがサービス終了

上記2つの失敗例については、フリーランスWebライターにはよくあることです。

特にこのご時世、新規Webサイトの登場と度重なるGoogleアップデートにより、突然既存のWebサイトが閉鎖することも珍しくありません。

リスク分散するためにも、契約するクライアントは複数確保するようにしましょう。

【実録】フリーランスのWebライターが月収300,000円を稼いだ手法を公開!

冒頭でも紹介しましたが、フリーランスのWebライターになるためには、月商300,000円以上を毎月継続して稼がなければなりません。

ジュクライ
ジュクライ

月商ですか?なぜ月収ではないのですか?

そもそも、月商と月収は意味が異なります。

  • 月商:フリーランスとしての総売上高
  • 月収:フリーランスとして稼いだ利益

つまり、Webライターのフリーランスとしての売上高を300,000円以上にする必要があります。ここでは、その理由について、国税庁の発表した平成30年度(2018年)の平均年収を参考にみていきましょう。

【実録】フリーランスのWebライターが月収300,000円を稼いだ手法を公開!

上図は、1年を通じて勤務した給与所得者の1人当たりの平均給与です。

参考:平成30年分民間給与実態統計調査結果について(国税庁)

フリーランスのWebライターが月商300,000円を目指す理由は?

フリーランスのWebライターが月商300,000円以上を目指さなければならない理由は、国税庁の発表している平均給与が深く関係しています。

答えとしては、全国民の平均年収が4,407,000円だからです。この数字は、月収に換算すると367,250円ですよね。

つまり、フリーランスとして理想的な生活を送るためにはそれだけの収入が必要だということです。

プロWebライター「愛T」が月収300,000円以上を達成した手法を公開!

ここでは、プロWebライター「愛T」の実体験をもとに紹介しています。筆者が月収300,000以上を稼いだ手法としては、次の2つだけです。

  • 高単価案件の獲得
  • クライアントを複数確保

詳細は、こちらの記事をご覧ください。

筆者のWebライター収入の推移と稼ぎ方をまとめています。

【実録】Webライター初心者の収入を公開!どうやって稼いだの?

実は、ここで紹介している月収は国内最大級のクラウドソーシングサイト「クラウドワークス」だけの収入です。

筆者は他に4社と契約しています。そして、下図が筆者の2020年9月に獲得したWebライター収入です。参考までに、実際の銀行口座をキャプチャしました。

プロWebライター「愛T」が月収300,000円以上を達成した手法を公開!

すべてWebライター案件ですので、筆者と同じような手法でフリーランスとして独立するのもよいかもしれません。

さいごに|実際のWebライターのフリーランス案件を見てみよう!

さいごに|実際のWebライターのフリーランス案件を見てみよう!

Webライターのフリーランスとして活躍し続けるためには、月商300,000円を目安にするとよいです。そして、フリーランスとして独立したら、さらなる高みを目指しましょう。

フリーランスとして活躍したいなら、こちらのサービスがおすすめです。

■フリーランスのWebライターにおすすめのサービス一覧
国内最大級のクラウドソーシングサイト「クラウドワークス

最後に本記事の内容をまとめます。

  • Webライターでもフリーランスになれる
  • クライアントから求められることは「理解力」「コミュニケーション能力」「深い知識」
  • フリーランスWebライターの失敗例についても理解する
  • フリーランスのWebライターが稼ぐべき収入の目安は300,000円以上
  • クライアントを複数確保することでリスク分散できる

本記事が、Webライターのフリーランスを目指している方の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました